給湯器を徹底比較!お得で使いやすい給湯器を見つけよう

給湯器を徹底比較!お得で使いやすい給湯器を見つけよう

給湯器を購入したいと思っていても「いったい、どれがお得で使いやすいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。確かに給湯器と一口にいってもさまざまなタイプがあり迷ってしまうのも当然です。

まず気になるのは値段ですが、本体価格、ランニングコストなどが最もお得な給湯器はどのタイプなのでしょうか?しかし、単純に安ければいいというものではなく、ライフスタイルに合致していて使いやすいかどうかも大事です。

単身者と家族ではそれぞれどんな大きさの給湯器がおすすめなのか、メーカーごとにどんな特徴があるのか等、徹底比較しました!

給湯器の本体価格を徹底比較

給湯器は大きく分けてガス給湯器、石油給湯器、電気給湯器の3タイプがあります。まずはそれぞれの本体価格について比較してみましょう。

ガス給湯器

ガス給湯器の本体価格相場は3万円〜10万円です。給湯器本体価格は他のタイプと比較してリーズナブルといってよいでしょう。しかし、都市ガスではなくプロパンガスを使用している場合、どうしても光熱費が高くなりがちなので注意してください。

石油給湯器

石油給湯器の本体価格相場も3万円〜10万円とガス給湯器同様に比較的安価です。さらに、月々の光熱費も他の燃料と比較して安いというのもメリットといえるでしょう。ただし、石油タンクの設置スペースが必要ですし給油の手間もかかります。

電気給湯器

電気給湯器の本体価格は10万円〜40万円と、ガス給湯器、石油給湯器と比較して高めです。しかし、電気を使用したエコ給湯器エコキュートなら電気料金の安い深夜電力を使用するため、光熱費を節約できるというメリットは見逃せません。

給湯器の設置費用にも注意!

給湯器を設置する際には本体価格だけではなく設置費用の比較も忘れてはいけません。設置費用の相場はガス給湯器、石油給湯器で100,000円〜150,000円、電気給湯器で100,000円〜200,000円になります。

やはり電気給湯器は高めですが、イニシャルコストだけではなく次にランニングコストについても比較してみましょう。

給湯器工事
【無料】見積もり相談

MARKET QUOTE

給湯器の設置・修理・交換など、お気軽にご相談ください。
設置・修理・交換、どれも年中無休で当日・翌日対応が可能です。
お問い合わせ後、お近くの営業所担当がすぐに駆けつけます!

給湯器のランニングコストで比較

本体価格+設置費用のイニシャルコストだけを比較するとガス給湯器、石油給湯器がお得なような気がしてきます。しかしランニングコストを比較すると必ずしもそうではありません。

ランニングコストの安さなら石油給湯器

ガス給湯器、石油給湯器、電気給湯器の平均的な年間ランニングコストを比較すると次の通りです。

  • ガス給湯器 90,000円
  • 石油給湯器 50,000円
  • 電気給湯器 200,000円

ランニングコストの安さで選ぶなら、おすすめは石油給湯器です。一方、ガス給湯器の例は都市ガスの場合で、プロパンガスだとエリアによっては約300,000円と電気給湯器以上にランニングコストがかかる場合もあるので注意してください。

従来の給湯器VSエコ給湯器

最近話題のエコ給湯器は従来の給湯器と比較してランニングコストが安いのが魅力です。たとえば、ガスを使用したエコジョーズではこれまでのガス給湯器と比較してガスの消費量を10%〜15%ほど節約できるといわれています。

ただし、本体価格と設置費用は当然のことながらエコジョーズの方が割高です。ランニングコストを考えると10年以上使用すれば従来のガス給湯器よりもエコジョーズがお得という計算になります。

エコジョーズは10年利用できるのか?

給湯器の寿命は一般的に約10年といわれています。したがってエコジョーズも10年以上稼働させてしっかりと元を取ることは十分期待できるといってよいでしょう。

給湯専用VS追い焚き機能付き

単身世帯の場合、追い焚き機能は必ずしも必要ありません。給湯専用なら本体価格と設置費用も最小限におさえられます。それではランニングコストの観点からしたらどちらがお得なのでしょうか。

お湯を張ったら冷めないうちに必ず入るなら給湯専用でもかまわないでしょう。しかし、お湯を注ぎ足すことが多ければそれだけランニングコストもかかります。

単身世帯でも追い焚き機能付きの方がランニングコストを抑えられるので、給湯専用タイプの交換を考えているなら思い切って追い焚き機能付きにしてしまうのもひとつの方法です。

給湯器の大きさごとに比較

号数とは給湯器の大きさを表す単位です。ライフスタイルによってふさわしい号数は異なりますが、よく利用される号数ごとに給湯器を比較してみましょう。

一人暮らしなら16号給湯器

16号給湯器は単身世帯向けです。キッチン、お風呂、洗面所などのお湯をまかないますが一度に二箇所以上で使用しないことを前提に設計されています。

たとえば、お風呂にお湯を張りながらキッチンで洗い物をするというような時、給湯器のパワー不足によりお湯が設定温度よりもぬるくなってしまうこともあるので注意してください。

二人暮らしなら20号給湯器

20号給湯器であれば、お風呂とキッチンで同時にお湯を使うのに十分なパワーを備えています。しかし、三人家族でシャワー、キッチン、洗面所の三箇所で同時にお湯を使いたいというような場合はパワー不足です。

たとえば、今は夫婦二人暮しでも将来的に子どもが増えるのを見越してワンサイズ上の号数にしておくことをおすすめします。

ファミリーには24号給湯器

24号は16号や20号と比較しても圧倒的にファミリー向けです。シャワー、キッチン、洗面所など同時に三箇所で使用してもまったく問題ありません。もちろん、24号よりも上の号数もありますが、より大きな給湯器と比較しても家庭用には24号で十分といえます。

給湯器メーカーの特徴で比較

給湯器を製造しているメーカーはいくつかありますが、代表的なのがコロナ、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスなどです。メーカーごとの特徴について比較してみました。

コロナの給湯器

石油給湯器の代表的メーカーといえばコロナです。コロナの石油給湯器の大きな特徴は、水道の圧力をそのまま利用できる水道直圧式を採用しているという点。どんなにお湯を使っても同じ勢い、温度をキープしてくれるので快適です。

ノーリツの給湯器

ノーリツのガス給湯器は給湯器業界でトップシェアを誇り続けています。とくにエコ給湯器のエコジョーズは他社製品と比較しても熱効率が非常に高く、とにかくガス代を節約したいという人にもおすすめ。

設定温度付近になると温めスピードをゆるやかにして「熱い!」と感じさせないマイルド追い焚き機能も人気です。

リンナイの給湯器

ガス代、ポンプの消費電力などを抑える機能が充実していてランニングコストが気になる人におすすめです。

簡単なリモコン操作で省エネ設定できる選べるエコモードでは、家族ひとりひとりの入浴時間に合わせた設定もできるのでファミリー向けといえるでしょう。

パロマの給湯器

ノーリツ、リンナイとならんで三大ガス器具メーカーと呼ばれることもあるパロマ。ノーリツ、リンナイと比較して操作性の簡単さが目立ちます。高齢者世帯にもおすすめといえるでしょう。

その他、半身浴や洗顔用に32℃や35℃が設定できる低温出湯、配管自動洗浄機能など独自機能の多彩さが魅力です。

パーパスの給湯器

他のメーカーと比較して知名度には劣るかもしれませんが美容や健康に関心が高い人に人気が高いのがパーパスです。

お風呂のお湯の量を半身浴用に設定できたり、温水・冷水を交互に出せたりできる他、入浴中の消費カロリーを表示してくれるのも他社にはない特徴といえるでしょう。

ガス給湯器2大メーカー比較!ノーリツVSリンナイ

給湯器の中でも最もポピュラーなのはやはりガス給湯器で全体の8割を占めるともいわれています。

ガス給湯器の中でも2大メーカー、ノーリツにするかリンナイにするか迷っている人も多いのではないでしょうか。ノーリツとリンナイを徹底比較してみました。

業界シェア率1位の信頼感ならリンナイ

国内の業界シェア率は40%以上、不動の1位の座を誇るリンナイ。確かな技術力を持っているからこそ、長年にわたってたくさんの人に支持されているともいえるでしょう。

他社と比較してリンナイが選択されるのは、この業界シェア率1位の信頼感が根拠のひとつとなっているのは間違いありません。

操作の簡単さで選ぶならノーリツ

実際のところ給湯器本体の性能はリンナイもノーリツも同じようなものです。大きく異るのがリモコンですが、リンナイとノーリツのリモコンを比較するとノーリツの操作性の簡単さが際立ちます。ユーザーインターフェイスで選択するならノーリツともいえるでしょう。

リンナイVSノーリツの比較表

その他、リンナイとノーリツの給湯器にはさまざまな違いがあります。比較表にして確認してみましょう。

メーカー名 業界シェア率 特徴
リンナイ 42% ・比較的低価格
・熱効率が高くガス代が節約できる
・無料で3年保証に延長可能
ノーリツ 40% ・サビに強く丈夫で長持ち
・エコファースト制認定メーカー
・操作が簡単

まとめ

最後に、今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 給湯器の本体価格を比較すると電気給湯器はガス給湯器、石油給湯器と比較して高め。
  • ランニングコストで比較するとお得なのは石油給湯器。
  • エコ給湯器と従来の給湯器のランニングコストを比較すると、10年使用するならエコ給湯器がお得。
  • 給湯器の号数ごとに比較して、ライフスタイルに合致したお大きさを選ぶのも大事。
  • 給湯器メーカーごとに特徴があるのでよく比較検討する。

給湯器の購入を検討しているなら、まずしっかりと比較してみるのが第一歩です。ただ、ネットで収集できる情報にも限りがあるので、信頼できそうな業者を見つけたら相談してみてはいかがでしょうか。

給湯器工事
【無料】見積もり相談

MARKET QUOTE

給湯器の設置・修理・交換など、お気軽にご相談ください。
設置・修理・交換、どれも年中無休で当日・翌日対応が可能です。
お問い合わせ後、お近くの営業所担当がすぐに駆けつけます!

関連するコンテンツ
RELATED ARTICLE LIST

合わせて読みたいコンテンツ
RECOMMEND ARTICLE LIST

目的からコンテンツを探す
FIND A PURPOSE CONTENT

給湯器工事
【無料】見積もり相談

MARKET QUOTE

給湯器の設置・修理・交換など、お気軽にご相談ください。
設置・修理・交換、どれも年中無休で当日・翌日対応が可能です。
お問い合わせ後、お近くの営業所担当がすぐに駆けつけます!

給湯器交換広場給湯器交換広場
閉じる

PAGE TOP