給湯器リモコンのエラーコード111は点火不良!正しい対処法は?

エラーコード111「点火不良」の原因と対処法給湯器の故障・トラブル

給湯器を使っているときに、突然リモコンに「111」というエラーコードが表示されることがあります。お風呂やキッチンでお湯を使っている最中に、突然エラーが出てしまったりすると、本当に大変ですね!

そんなときは、いったいどうしたらいいのでしょうか?111のエラーコードが示す内容や、正しい対処法についてご紹介しましょう。

給湯器リモコンに111の表示…どういう意味?

給湯器リモコンの111は点火不良のサイン

給湯器リモコンの111のエラーコードは、「点火不良」のサインです。111のサインが出ると、点火がうまくいっていないので、お湯が出ないことや、水が出てしまうといった不具合が発生します。

修理が必要な場合と、自分で直せる場合がある

点火不良になったからといって、必ず修理が必要とは限りません。自分で直せる程度の、一時的な不具合のケースもあります。

111は給湯器を使っていると頻繁に出てくるエラーコードなので、原因や対処法をよく理解しておくとよいでしょう。

エラーコード111は各メーカーで共通

エラーコード111は、「リンナイ」「パロマ」「ノーリツ」「パーパス」を始め、各メーカーで共通のコードです。

東京ガスや大阪ガスといったガス会社のOEM製品(長府製作所などが販売)も、同じように111を点火不良の共通エラーコードとしています。

企業によって取扱説明書のエラー表記名はさまざまですが、原因や対処法は同じですので、下記の方法で対処することができます。

エラーコード111のよくある原因

ガス栓の開け忘れ

ガス栓を開け忘れていた場合は、「111」が表示されます。ごく稀に、いたずらでガス栓を閉められてしまうこともあります。ガスの元栓をチェックしてみましょう。

給湯器の故障

給湯器そのものが故障してしまっている場合も、「111」のエラーコードが出ます。この場合は、自力で修理することはできませんので、ガス給湯器メーカーやガス会社、ガス給湯器の修理・交換業者に、修理を依頼しましょう。

長期間使用している給湯器に関しては、老朽化によって点火装置が故障してしまった可能性もあります。10年近く使い続けている給湯器が不具合を起こした場合は、交換ということになるかもしれません。

ガスメーターの自動遮断

ガスメーターは、震度5相当以上の地震が発生したときや、多量のガス漏れが発生したとき、給湯器を長時間使い続けたときなどに、ガスを自動的に遮断します。これは安全のために、ガスのマイコンメーターにあらかじめ組み込まれている機能です。

大雨や強風による点火不良

大雨や強風によって点火できない場合、「111」のエラーコードが出ます。それ以外にも、湿気が多くて機器の内部が湿っているなど、環境的な要因でエラーが表示されることがあります。

配管の凍結

真冬に「111」のエラーコードが出やすい理由のひとつに、配管の凍結があります。外気温が0度以下になると、給湯器の本体や配管が凍ってしまい、給湯することができなくなってしまうためです。特に給湯器を使わない夜間から朝方にかけて、起こりやすいトラブルです。

排気口付近のゴミづまり

給湯器の排気口付近にゴミが溜まっていたり、障害物があったりすると、「111」が表示されることがあります。安全のため、給湯器の吸排気が順調にいっていないときは、運転を停止するよう設定されているからです。

たとえば大掃除のときなどに、うっかり給湯器の近くに物を置いてしまったりすると、突然給湯器が止まってしまうこともあります。事故の原因になる危険性もあるので、周辺に何か物を置く場合は、必ず設置基準より離して置くようにしましょう。

プロパンガスのガス切れ

プロパンガスの場合、ごく稀に容器が空になってしまうトラブルが発生することがあります。たとえば住民が長く留守をしていたときなどに、業者のガス容器(ボンベ)の交換漏れが発生するといったように、特殊なケースが重なった場合です。

プロパンガスが空なら、当然給湯器にガスは供給されないので、「111」のエラーコードが表示されます。ガス切れの際は、契約しているプロパンガスの販売店にすぐ連絡し、補充してもらう必要があります。

エラーコード111が出た時の対処法

エラーコード111が出た場合は、次の手順で作業を進めましょう。

  1. リモコンのリセット
  2. 停止中のガスを復帰させる
  3. 配管を解凍する
  4. 点検・修理を依頼する

リモコンのリセット

「111」のエラーコードが出たら、まずはガス栓が開いていることを確認し、リモコンの電源を切って入れ直します。リモコンや給湯器の一時的なエラーであれば、多くの場合は、この操作をすることで復旧します。
それでも直らないときは、リモコン・給湯器・電気周りのトラブルではなく、ガスの遮断など別の原因である可能性があるので、次の操作に進みましょう。

停止中のガスを復帰させる

次に考えられるのは、ガスメーターが何らかの理由で緊急停止した可能性です。屋外のガスメーターを確認してみましょう。
ガスの供給が止まっている場合は、ランプが点滅しています。その場合は、復帰ボタンを押すことで、供給停止を解除することができます。

まず室内のガス栓をすべて閉めてから、ガスメーターの復帰ボタンカバーを外し、復帰ボタンを3秒ほど押し続けます。ランプが消えたら、5分ほど待って給湯器を使ってみましょう。ここまでの操作で、「111」のエラーの多くは解決できます。

配管を解凍する

冬場に給湯器の配管が凍結してしまった場合は、復帰ボタンを押すだけでは解決できません。給湯器を使えるようにするには、凍ってしまった配管を解凍する必要があります。配管の部分に40℃ほどのぬるま湯をかけるか、ドライヤーをあてるなどして、ゆっくりと温めましょう。

熱湯や火を使うのは絶対にNG

一刻も早く給湯器を使いたいからといって、配管に熱湯をかけたり、火を使って温めたりするのは絶対にNGです。配管が壊れたり、漏水したりする原因となるので、復帰するまでは辛抱強く待つことが大切です。

配管凍結を予防する方法

ガス給湯器の配管凍結の予防策としては、蛇口から水を出し続けるという方法があります。まずはリモコンの電源を切り(リモコンがない場合は給湯器のガス栓を閉め)、お湯の出る蛇口から1分間に牛乳瓶1本以上の水を出し続けます。

そのまま流してしまうのはもったいないので、浴槽の蛇口から水を出して、浴槽に溜めるようにすると良いでしょう。

点検・修理を依頼する

上記の方法で対処しても解決しない場合は、その他の原因によるガス故障が疑われます。
たとえば「ガス電磁弁」や「ガス比例弁」といったガス供給に関する部品や、「イグナイター・フレームロッド」という点火に関する部品が、故障している可能性があります。

部品レベルのガス故障となると、専門家でなければ原因の特定・判断はできません。
ガス給湯器メーカーやガス会社、ガス給湯器の修理・交換業者に、点検・修理を依頼しましょう。

まとめ

給湯器リモコンの「111」のエラーコードについて、原因と対処法をご紹介しました。111のエラーが出たら、まずはリモコンをリセットし、それでも直らなければ戸外のガスメーターの復帰ボタンを押すというのが、基本的な流れです。この2つの流れを把握し、111が出たときもあわてず対処するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました